« 七瀬ふたたび 第8回「能力の真実」 | トップページ | 転々 »

プロジェクターからAVアンプ

AVアンプを恋い焦がれるようになって、2週間。DENON AVC-3808とPIONEER VSA-LX70の一騎打ちとなった。AVACでAVC-3808を推奨してもらったが、よく考えてみたら、音楽聴くことはほとんどなく、映画オンリーでAVアンプを使っている。だったら、他のアンプでもいいのではと思うと、ほぼ同時期というか昨年10月発売のPIONEER VSA-LX70が目にとまった。

プラズマのKUROのデザインに合わせたAVアンプで、中身はVSA-AX4AHと同じ。LDからのパイオニアファンとしては、やはりパイオニアを応援したくなる。現在の機種はSC-LX71だが、1年前の型落ちだから値段が全然違う。

但し、問題が、GUIが英語で、わかりにくい。それに一番致命傷なのが、生産終了で在庫がない。販売開始時期はAVC-3808よりも数カ月あとなのだが、SC-LX71を売るために主力の店にも在庫がない。AVAC、ヨドバシ、他にも2-3あたったがない。

ところが、会社の近くのヤマダ電機LABIに、電話で新品で未開封の在庫が一個残っていることがわかった。2-3日待ってもらって、確認に行くと、確かに未開封のケースがあった。

税込の定価235,000円が118,000円でポイントが10%という提示に、OKしてしまう。AVACのAVC-3808は定価231,000円が中古のアンプ持ち込みで119,800円だからポイント分ヤマダのほうが安いし、好きなPIONEERなのも自分に納得できる。

家への発送を考えたが、土日に車で取りに行くことにする。これで、落ち着きそう。

この間に、AVアンプについて、仕事のついでにAVACの本店に行ったりしたが、何をAVアンプにするかは、最後は自分で決めるしかなく、めんどくさい作業と思ってしまう。

|

« 七瀬ふたたび 第8回「能力の真実」 | トップページ | 転々 »

プロジェクター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクターからAVアンプ:

« 七瀬ふたたび 第8回「能力の真実」 | トップページ | 転々 »